Page top

厳選コース特集

一覧に戻る

飛鳥・馬見・斑鳩 古代史跡探求サイクリングコース

サイクリングコースの概要

サイクリングコースの概要

コースマップはこちらから

コースデータをダウンロードする

※ダウンロードしたコースデータは、KMLコースデータ読み込み機能が搭載されたCN-MC01L、CN-MC02L、CN-MC02Dでご利用いただけます。
KMLコースデータの詳しい使い方はこちらのPDFファイルをご確認ください。
コースデータのご利用にあたって

古代から飛鳥京・藤原京、そして平城京、平安京に至る、日本の歴史前半部を形成した、「いにしえの都」を巡るコースを3部作として紹介します。今回は第1部(part.1)として、飛鳥京・藤原京エリアを巡るコースです。スタートは奈良県高市郡明日香村にある、蘇我馬子の墓所として考えられている「石舞台古墳」として、ゴールは、金魚の町「大和郡山」市街地の慈光院横です。途中には、古代史の都「飛鳥京」「藤原京」、巨大古墳群の密集する「馬見丘陵」、そして聖徳太子ゆかりの寺院の集まる「斑鳩の里」があります。
コースの大半は自転車道を通るので、交通量の多いこのエリアでもかなり安心して走行できます。紀伊半島の中心に位置するエリアですが、盆地ということもあり、比較的フラットなコースです。ただ、序盤は下り坂が主体となりますので、スピードの出し過ぎにはくれぐれもご注意下さい。
見所は、自然の景観というよりも、数世紀にわたって国内の中心であった、このエリアの遺跡・史跡の数々です。猿石、伝飛鳥板蓋宮跡(でんあすかいたぶきのみやあと)、藤原宮跡、神武天皇陵、馬見丘陵古墳群、法隆寺などなど・・・・・。必然的に、寄り道が増えますので事前に綿密なスケジュールを作成することが大切です。

コース情報提供: 奈良県道路・交通環境課自転車利用係(ならクル)

コース情報・写真提供: キウイハズバンド

写真提供: (一財)奈良県ビジターズビューロー

写真提供:橿原神宮

ページの上部へ戻る

コースマップ

参照: 奈良~京都自転車周遊マップ

コースデータをダウンロードする

※ダウンロードしたコースデータは、KMLコースデータ読み込み機能が搭載されたCN-MC01L、CN-MC02L、CN-MC02Dでご利用いただけます。
KMLコースデータの詳しい使い方はこちらのPDFファイルをご確認ください。
コースデータのご利用にあたって

ページの上部へ戻る

一覧に戻る