Page top

厳選コース特集

一覧に戻る

瀬戸内海横断自転車道(しまなみ海道サイクリングコース)2

サイクリングコースの概要

サイクリングコースの概要

コースマップはこちらから

コースデータをダウンロードする

※ダウンロードしたコースデータは、KMLコースデータ読み込み機能が搭載されたCN-MC01L、CN-MC02L、CN-MC02Dでご利用いただけます。
KMLコースデータの詳しい使い方はこちらのPDFファイルをご確認ください。
コースデータのご利用にあたって

この広島編では、愛媛県今治市をスタートし、広島県尾道市をゴールとする「しまなみ海道」コースの後半部ーPart2-をご紹介します。「しまなみ海道」前半部、Part1は、「愛媛県」をご覧ください。
スタートは、Part1のゴール地点である「生口島ー多々羅大橋自転車道出入口」、ここからJR山陽本線「尾道駅」までを走ります。コース終盤の本州と向島を結ぶ尾道大橋は、走行帯が非常に狭く、危険なので渡船ルートを使用しています。
最初に訪れる生口島はアートの島と呼ばれ、美術館や博物館があり、時間があれば寄ってみたいところです。次に「はっさくの島」として有名な因島を訪れ、最後に本州へ渡る向島の渡船場へ進みます。
コースは、途中幾つかの急坂(ほとんどが、橋の横断時)がありますが、景色は、海岸沿い、山道、田園風景とバリエーションに富んでいて飽きません。ルートを外れて島内観光も良いのですが、宿泊を視野にいれた輪行計画が必要になります。公共交通の時刻表、サイクリングターミナルの場所など、事前に調べておくべき要素が多くあります。本州上陸を果たすとゴールのJR尾道駅は、目と鼻の先です。最後に、シメの尾道ラーメンを一杯いかがですか。

コース情報・写真提供: キウイハズバンド

写真提供: 広島県 (一社)尾道観光協会

ページの上部へ戻る

コースデータをダウンロードする

※ダウンロードしたコースデータは、KMLコースデータ読み込み機能が搭載されたCN-MC01L、CN-MC02L、CN-MC02Dでご利用いただけます。
KMLコースデータの詳しい使い方はこちらのPDFファイルをご確認ください。
コースデータのご利用にあたって

ページの上部へ戻る

一覧に戻る