Page top

厳選コース特集

一覧に戻る

天橋立・宮津湾_シーサイド・サイクリングコース

サイクリングコースの概要

サイクリングコースの概要

コースマップはこちらから

コースデータをダウンロードする

※ダウンロードしたコースデータは、KMLコースデータ読み込み機能が搭載されたCN-MC01L、CN-MC02L、CN-MC02Dでご利用いただけます。
KMLコースデータの詳しい使い方はこちらのPDFファイルをご確認ください。
コースデータのご利用にあたって

京都府北部栗田(くんだ)半島の先端、宮津市田井から、対岸の丹後半島宮津市大垣までの大規模自転車道、京都府道802号田井大垣自転車道線(栗田半島天橋立シーサイド自転車道)に準じたコースです。途中、未完成の箇所もあり一般道を走行する場合もありますが、ほとんどは自転車道であり、安心して走ることができます。
海岸線沿いのコースで、フラットな入り江部と峠を越える急坂路が交互に訪れ、比較的起伏に富んだコースとなっています。
コース内のいたる所から「天橋立」を見ることができますが、全体をきれいに眺めるには、有名な「飛龍観」「昇龍観」「雪舟観」などの高台の展望台に寄り道すると良いでしょう。
与謝野町の大内峠から見る「横一文字」、傘松公園からの「斜め一文字」、 東の栗田峠から望む「斜め一文字(雪舟観)」が"天橋立三大観"と言われています。また、笠松公園では股の間から天橋立を見ることを「股のぞき」と呼んでいます。「股のぞき」で逆さに覗く景色は、海と空が逆になり、まさに天に架かる浮き橋のように見えます。ぜひ「股のぞき台」の上から試してみてください。
有名な観光地であり、海水浴場の多いエリアなので、夏場は人、車が多く、思ったよりも時間がかかるかもしれません。余裕を持った輪行スケジュール作成が必要です。

コース情報・写真提供: 海の京都観光推進協議会
キウイハズバンド

ページの上部へ戻る

コースデータをダウンロードする

※ダウンロードしたコースデータは、KMLコースデータ読み込み機能が搭載されたCN-MC01L、CN-MC02L、CN-MC02Dでご利用いただけます。
KMLコースデータの詳しい使い方はこちらのPDFファイルをご確認ください。
コースデータのご利用にあたって

ページの上部へ戻る

一覧に戻る