Page top

厳選コース特集

一覧に戻る

  • JR新宿駅
  • あおい通り
  • 玉川上水第二緑道
  • 浅間橋
  • JR三鷹駅
  • 境浄水場
  • 新堀用水
  • 小平監視所
  • みずくらいど公園
  • まいまいず井戸

標高グラフ

標高グラフ

コースマップはこちらから

コースデータをダウンロードする

※ダウンロードしたコースデータは、KMLコースデータ読み込み機能が搭載されたCN-MC01L、CN-MC02L、CN-MC02Dでご利用いただけます。
KMLコースデータの詳しい使い方はこちらのPDFファイルをご確認ください。
コースデータのご利用にあたって

玉川上水は、江戸時代(承応2(1653)年)に造られた人工河川です。
四代将軍「徳川家綱」の時代に人口の急増で不足した飲み水を賄うために、羽村の取水口から四谷大木戸(現在の新宿区四谷)まで全長約43kmに渡って掘られました。
その後様々な変遷を重ねながら、現在に至るまで東京都民の貴重な水源として活躍し続けています。
(現在水道用として利用されているのは上流部の12kmほどで、それより下流は上水は通水されておらず跡地を利用した緑道となっています)
緑道は東京都西部を横断する形で整備されており、自転車でのんびりポタリングするにはピッタリ♪
そんな玉川上水を下流部(四谷大木戸)から上流(羽村堰)まで遡ってみようかと思いつき新宿まで輪行してきました。

走行日:2007年12月29日

コース情報提供:YAMAHONで行こう!

提供元ページ:玉川上水サイクリング散歩

JR新宿駅

ページの上部へ戻る

あおい通り

ページの上部へ戻る

玉川上水第二緑道

ページの上部へ戻る

浅間橋

ページの上部へ戻る

JR三鷹駅

ページの上部へ戻る

境浄水場

ページの上部へ戻る

新堀用水

ページの上部へ戻る

小平監視所

ページの上部へ戻る

みずくらいど公園

ページの上部へ戻る

渋谷

ページの上部へ戻る

玉川上水を四谷大木戸から羽村取水堰まで端から端まで走ってみたわけですが、いやー、面白かった♪
古くから人々と水道がどうやって関わってきたのかを考えながら周囲の風景を眺めていると、今でも所々にかつての面影が残っていることに気がつきます。
現在は、こういった施設は全て地下に納められてしまいその関わりを実感することは少ないのですが、たまにはこういったコースを走って水と人との関わりについて考えてみると楽しいものです♪

コースデータをダウンロードする

※ダウンロードしたコースデータは、KMLコースデータ読み込み機能が搭載されたCN-MC01L、CN-MC02L、CN-MC02Dでご利用いただけます。
KMLコースデータの詳しい使い方はこちらのPDFファイルをご確認ください。
コースデータのご利用にあたって

ページの上部へ戻る

一覧に戻る