Page top

厳選コース特集

一覧に戻る

  • JR新宿駅
  • 鎧神社
  • 水稲荷神社
  • 筑土八幡神社
  • 神田明神
  • ニコライ堂
  • 将門の首塚
  • 兜神社
  • 鳥越神社
  • 銀座

標高グラフ

標高グラフ

コースマップはこちらから

コースデータをダウンロードする

※ダウンロードしたコースデータは、KMLコースデータ読み込み機能が搭載されたCN-MC01L、CN-MC02L、CN-MC02Dでご利用いただけます。
KMLコースデータの詳しい使い方はこちらのPDFファイルをご確認ください。
コースデータのご利用にあたって

日本三大怨霊と言えば「崇徳上皇」「菅原道真」「平将門」の3人。 その中でも関東ゆかりの人といえば平将門です。
天慶の乱で敗れた平将門の首は京都の三条河原で晒されますが、残された胴体を求めて首が一夜のうちに坂東の地まで飛んで来たという伝説があり、その首を葬ったとされる場所が「将門の首塚」。この「将門の首塚」では数々の祟りが起こったといわれ、関東大震災後に大蔵省が仮庁舎を建てた際に首塚をぞんざいにした祟りで時の大蔵大臣以下関係者十名が次々と急死したとか、GHQが首塚を撤去しようとしたが、ブルドーザーが横転し死傷者が出るなど怪奇現象が続発して撤去を断念したという話がたくさんあったりします。怖いですね~。
あ、ちなみに日本の大手銀行で最初の破産認定を受けた「日本長期信用銀行」は、かつて首塚のすぐ脇にあったりしました。これも呪いでしょうか(怖)
さて、なぜに突然こんなことを言い出したのかというと、先日何気なくテレビを見ていたら「山手線は平将門の怨霊を封じるための鉄の結界である」というおもしろ理論が紹介されていたからなのです。
その番組が言うには…、東京には平将門ゆかりの神社がたくさんあり、その中の主要なものを順に繋いでいくと北斗七星の形になる。これらの神社は徳川幕府が設けたもので将門の怨霊を神格化することで江戸を守ろうとしたものだとか。(北斗七星の形は、将門が北斗七星を神格化した妙見菩薩を信仰していたことに由来)
山手線はこの北斗七星を分断する形で路線が敷かれており、将門の首と胴を(霊力を遮断する)鉄の輪で分断することで将門の怨霊の力を弱めているのだ!的な内容だったかと(笑)
ほっほう。そりゃ面白いね~ というわけで早速調べてみたところ、確かに平将門ゆかりの神社として「鳥越神社」「兜神社」「神田明神」「将門首塚」「筑土八幡神社」「水稲荷神社」「鎧神社」があり、それぞれを地図上にプロットしてつなげてみると、確かに北斗七星っぽい!?(レポート下部の地図を見てください)

走行日:2009年9月6日

コース情報提供:YAMAHONで行こう!

提供元ページ:平将門怨霊ツアー

JR新宿駅

ページの上部へ戻る

鎧神社

ページの上部へ戻る

水稲荷神社

ページの上部へ戻る

筑土八幡神社

ページの上部へ戻る

神田明神

ページの上部へ戻る

ニコライ堂

ページの上部へ戻る

旧浮谷駅(目白大学前)

ページの上部へ戻る

兜神社

ページの上部へ戻る

鳥越神社

ページの上部へ戻る

銀座

ページの上部へ戻る

 

コースデータをダウンロードする

※ダウンロードしたコースデータは、KMLコースデータ読み込み機能が搭載されたCN-MC01L、CN-MC02L、CN-MC02Dでご利用いただけます。
KMLコースデータの詳しい使い方はこちらのPDFファイルをご確認ください。
コースデータのご利用にあたって

ページの上部へ戻る

一覧に戻る