厳選コース特集 - 自転車ナビを楽しくするコースデータを無料配信しています

サイクルスポーツ.jp提供コース一覧へ戻る

かつての鉄道施設が多く現存する片上鉄道の軌道跡

コース情報

コースエリア:岡山県備前市、和気郡和気町、赤磐市、久米郡美咲町
距離:34.2km
最大標高差:61m
累積標高:226m

コース紹介

片上鉄道の軌道跡を利用する自転車道には、当時の鉄道施設が多く現存。その1つとなる峠清水トンネルまでは、起点となる片上小学校北東端からゆるやかな上りが続く。やがて現われた清水駅跡のトイレは当時の駅舎を模したもの。

和気市街に近づくにつれ人家が増え、和気駅を経て跨線橋、さらに金剛川に架かる橋を渡って北上を続ける。

和気ドームの先には和気鵜飼谷温泉、続く天瀬駅跡には化粧直しを施された駅舎があり、2つのトンネルを抜けて国道を横断する。当時の信号機や電柱の残る備前矢田駅跡の先で国道を渡り返すと、静寂に包まれた道は苦木駅跡へと至る。

備作大橋を渡った先には休憩に便利なレストランやコンビニ。軌道跡を利用した自転車道にふさわしく、往時の車両が保存された柵原ふれあい鉱山公園が終点となる。

提供「サイクルスポーツ」

コースデータをダウンロードする
コースデータのご利用にあたって

※ダウンロードしたコースデータは、KMLコースデータ読み込み機能が搭載された
CN-MC01L、CN-MC02L、CN-MC02Dでご利用いただけます。
KMLコースデータの詳しい使い方はこちらのPDFファイルをご確認ください。

コースマップ

ページトップへ戻る