厳選コース特集 - 自転車ナビを楽しくするコースデータを無料配信しています

サイクルスポーツ.jp提供コース一覧へ戻る

土地の人々の生活を支えた川に沿って

コース情報

コースエリア:埼玉県東松山市、比企郡川島町
距離:12.8km
最大標高差:38m
累積標高:4m

コース紹介

家族連れでにぎわうこども動物自然公園が起点。中里橋からの九十九川を、左に揚水機場のタンク、右に水田を眺めながら進み、自動車道と鉄道の高架をくぐる。やがて現われた国道に入ってT字路を右折し、そのまま県道に。早俣橋を下る途中、自転車道の案内に従って左にUターンする。都幾川の堤防を下り、その支流に沿って進む。途中のあちこちに地蔵や馬頭観音などが立ち、洗濯や農業に利用するための水汲み場も残る。わずかな距離にいくつもの寺社があることからも、この川が土地の人々の生活にとってかけがえのない存在であったことがわかる。

国道のガードをくぐって走り続けると、やがて梅ノ木古凍貯水池が左手に広がり、そのすぐ先が市野川大橋となる。橋は渡らず右岸に沿って進むと、荒川自転車道との合流が終点となる。

提供「サイクルスポーツ」

コースデータをダウンロードする
コースデータのご利用にあたって

※ダウンロードしたコースデータは、KMLコースデータ読み込み機能が搭載された
CN-MC01L、CN-MC02L、CN-MC02Dでご利用いただけます。
KMLコースデータの詳しい使い方はこちらのPDFファイルをご確認ください。

コースマップ

ページトップへ戻る